ピアノ講師の求人を探すときには、いくつかのポイントをチェックしておくことで、自分に合った職場を探すことが出来るでしょう。ピアノの講師になるためには、特に必要な資格はありません。ピアノの技術力が必要になるだけでなく、レッスンに使用している曲の背景や、作曲家についての知識なども必要です。小さな子供のレッスンを担当する場合には、レッスン時間内に飽きないように教える工夫も必要です。自分のピアノの技術レベルに合わせて、レッスンの内容を選んでいく必要もあります。色々な求人情報をチェックして、お給料の面だけでなく、教室の雰囲気や、レッスンのスタイルなどもしっかりと比較検討してみましょう。教室によっては、事前の見学も可能なので、問い合わせてみると良いでしょう。

ピアノ講師の求人のチェックポイント

ピアノ講師になりたい場合や、転職を考えている場合に、チェックしておきたいポイントがあります。まずは、レッスンの形態です。ピアノのレッスンには、個人レッスンと集団レッスンがあります。個人レッスンの場合、担当している生徒の進行度合いや、練習の成果などを踏まえて、新しい課題を出したりアドバイスを行っていきます。集団レッスンの場合には、複数の生徒を一度にチェックしてく必要があるので、しっかりとした観察力が必要です。他にも、担当する生徒のレベルをチェックしておきましょう。初心者やコンクールなどに向けてレッスンを行っている上級者、音大受験対策など、一人一人目標も異なります。自分のスキルに合わせて、無理のないレベルのレッスンを選ぶことが、楽しく働けるポイントです。

自分にあった教室選びをすること

ピアノの講師になるためには、特に必要な資格はありません。音大を卒業していたり、専門の知識を持っていると、より優遇されることはありますが、教えることが出来るだけの技術力があれば、学歴が無くても問題ありません。ピアノの講師をするときに、最も大切なことが、自分に合った教室選びをすることです。ピアノ教室の雰囲気は、それぞれで大きく異なります。個別指導と集団指導でも、教室の雰囲気は異なりますが、生徒の平均年齢などによっても違いが出てきます。自分が教えたいと思っている生徒の年齢や、自分のピアノのレベルも考えて、無理をしないで教えることが出来るような教室を選びましょう。事前に教室の見学を行うことが出来るケースもあるので、気になる教室がある場合には問い合わせてみましょう。

当社が運営する音楽教室では、様々なクラスを用意し、幅広い世代を対象にそれぞれのレベルに合った指導を行っています。 フルートやチェロなど普段なかなか習えない楽器の演奏指導を行なっており、初めての方を対象に無料体験レッスンもしています。無料体験レッスンをご用意しておりますので、まずはお気軽にお試しください。 随時無料体験レッスンを実施しています。Webフォームまたは電話にてお申込みいただけます。 ピアノ講師の求人をお探しなら小林音楽教室で応募