時代が変化して習い事も多種多様になってきているとは言え、今でも音楽系の習い事の中ではピアノを選ぶ人はとても多いです。実際、さまざまな楽器の中でもピアノは最もポピュラーで演奏できる人数も多いうえ、音楽大学のピアノ科はどの学校でも卒業生が一番多いというのが現状です。小さい頃からピアノの技術を習得するために、時には友達と遊ぶ時間を犠牲にしたり部活に入ることもあきらめてピアノの練習をして、音楽大学に進んだという人も多いでしょう。そのようにして音楽大学を卒業した後、就職はどうかといえば、なかなか思うように見つからないという場合も多々あります。ピアノを専門的に勉強した人の人数に比べてピアノ講師の求人数がつりあっていないというのが現状です。しかし、だからといってあきらめる必要はありません。

ピアノ講師の求人はどのように探したら良いのか

最近は、さまざまな情報をインターネットから得ることができます。仕事を探す際にもインターネットを利用するというのが一般的です。実際に、ピアノ講師の求人はインターネットでも集めることができます。ただし、すべての情報がインターネットで探せる訳ではありません。例えば、自分の住んでいる地域にある音楽教室の前に講師募集の貼り紙が出されていることもあるでしょう。また、時期的には春や秋などの生徒募集のキャンペーンを行う時期や教室拡大を図っている時期などに新たな講師を募集するケースが多いです。そのため、この時期を見過ごすことなく、丁寧に探していくようにしましょう。他に人脈を利用するという手もあります。既に音楽講師として働いている知り合いがいれば、仕事を紹介してもらうという方法もあります。そういった情報は、インターネットに掲載される前に決まることもありますので、人脈も大切にしておきましょう。

ピアノ講師の求人をチェックするポイント

実際に募集要項が掲載されていた場合は、報酬がどのように支払われるのかをチェックしましょう。正社員として雇われるケースもありますが、週に数日だけという非常勤講師の扱いの場合も多くあります。また、実際に生徒を教えたコマ数に応じて報酬が支払われるというケースもあり、その場合はアルバイトに近いイメージになります。仕事内容もしっかりとチェックしましょう。単にピアノを教えるというだけではない場合があります。楽器の販売などを行ったり、発表会の企画や運営、教室に通う生徒を対象にしたお楽しみ会などの企画も行う場合があります。講師として教える以外にもそれらのイベントの企画や準備などに多くの時間を割かねばならないこともありますので、実際に採用される前に仕事の内容をしっかり確認しましょう。