小さい頃から長きにわたって練習を積んできて、音楽大学に入学した後も専門的にピアノを学んできた人は、卒業後にピアノを教える仕事に就きたいと考える人も多いです。自分が好きなことを仕事にできるのはとても幸せなことです。ピアノの講師になるには公的な資格が必要な訳ではありません。しかし、だからといって、誰でもが講師になれるかと言えばそうではなく、たとえ教室を開いたとしても講師として魅力が無ければ、生徒さんが集まりにくかったり、せっかく生徒さんが来てくれても長続きしないという事態に陥ってしまいます。そのため、資格が無くてもできる仕事だからと言って安住せずに、常に研鑽を続けて自分のスキルアップを図っていくことも大切です。講師になったから終わりではなく、さらに勉強していく必要があります。

ピアノ講師の求人はどこで探せるのか

最近は仕事を探したりするのにもインターネットで情報を集めるのが一般的になっています。実際、転職サイトや就職サイトはたくさん見られます。転職サイトでも地域別に仕事を探すことができますが、職種に特化したサイトであれば、より多くの求人を見つけることができます。音楽系の講師募集について特化したサイトもありますので、こうしたサイトを有効活用するのがおすすめです。また、近所に音楽教室などがあれば、こまめに覗いてみると良いでしょう。特に、新規の生徒を募集する春や秋にはクラス編成を見直ししたり増やしたりする場合もあるため、この時期にかけてはよくチェックしておきましょう。大きな商業施設などが開店する場合に、カルチャースクールが出店することもあります。その際に新しい講師を募集する場合もありますので、チェックしてみましょう。

ピアノ講師の求人を探す時に気を付けたいこと

大手の楽器店などが経営する教室や個人経営の教室の場合に、実際にどんな仕事をしなければならないのか、働く条件などを、仕事を決める前に確かめておく必要があります。ピアノ講師なのでピアノを教えるだけだと思っていたら、実は楽器などの販売を行わなければならなかったり、生徒募集のための勧誘活動をする必要がある、という場合もあります。大手の教室の場合は、教室が主催する発表会を行う場合もあります。そのための準備として、会場の手配やパンフレットづくりなどの仕事も行わなければならない場合もあります。また、生徒のためのクリスマス会やハロウィンパーティーなどのイベントも行う場合があり、そのための準備に駆り出される場合もあります。実際に働いてみてからこんなはずではなかったということにならないように、最初に仕事内容はきちんと確認しておきましょう。